会社法の基礎の基礎

法人格をもつ会社は、生きている人同様、権利を有し、義務を負うことができるのです。

任意法規と強行法規

任意法規と強行法規

任意法規と強行法規

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社法は利害の対立する多くの人々の利害を調整する法律です。

そこで、会社法のルールは、一部の人たちによって容易に変えることのできない性質をもっています。

このような性質を、会社法の強行法規性といいます。

一方、会社法の新しい規定には、それぞれの会社が自由に選択したり決めたりできる範囲がかなり広く求められています。

会社が定款で自由に定めることができる事項を会社法が増やしていることを「定款自治の拡大」と呼びます。

しかし、これは新しい傾向であり、会社法の基本的な性質は強行法規です。

そのため、会社の運営に携わる場合には、会社法の強行法規性を踏まえながら、定款の規定のほか、株主間契約、M&Aのめぐる契約、競業避止契約など、会社関係の契約等をどのように作成し、交渉するかについて創意工夫を凝らしていく必要があります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です