会社法の基礎の基礎

法人格をもつ会社は、生きている人同様、権利を有し、義務を負うことができるのです。

株式会社の機関

株式会社の機関

株式会社の機関

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社法の仕組みは、会社の経営をどのようにするかを規律するものです。

そして、基本的には、株主と経営者の関係を定めています。

株式会社は、株主総会で選任された取締役が運営することになっています。

取締役会設置会社では、取締役会が意思決定を行い、業務の執行は代表取締役が行います。

一方、取締役会のない会社では、株主総会の意思決定に基づいて取締役が業務執行を行います。

また、小規模で閉鎖的な会社の場合は、取締役会を設けないことも可能です。

しかし、業務執行がきちんと行われているかどうかをチェックする仕組みを設けることが適切な会社もあります。

公開会社では、取締役会が必要とされ、3名以上の取締役に議論、検討してもらい、適切な経営を行うように、相互に監督することが重要と考えられています。

取締役会は、自らは行動できないために、業務執行を行う代表取締役等を選定したうえで、重要な業務執行の意思決定や監督を行うことになります。

また、業務執行に対する監査のために、監査役を設けることも可能です。

監査役には特に資格に制限があるわけではありません。

そのため、素人が就任することもできます。

しかし、大会社の場合は社会に与える影響の大きいため、会計のプロの目で監査してもらう必要があり、会計監査人の設置が義務づけられています。

また、会計監査人は、会計監査のみを行うので、業務監査権限を有する監査役を設けるか、委員会設置会社でなければなりません。

さらに、取締役の行う会計をサポートしてもらうために、税理士等の資格がある会計参与を設ける制度もあります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です