会社法の基礎の基礎

法人格をもつ会社は、生きている人同様、権利を有し、義務を負うことができるのです。

株式分割と株式併合

株式分割と株式併合

株式分割と株式併合

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式分割とは、株式を細分化して数を増やすことです。

しかし、株式分割しても会社財産が増加するわけではありません。

しかし、1株当たりの価格は下がりますが、株式の取引がしやすくなり、流動性が高まるというメリットがあります。

株式分割するには、株主総会または取締役会の決議が必要です。

なお、株式分割後の1株当たりの純資産額が5万円以上でなければならないという制限はなく、株式の大きさは自由なので、会社は原則として株式を自由に分割できます。

会社が発行する株式の総数を株式分割の割合に応じて増加する定款変更は、株主総会の特別決議をしなくても、取締役会決議で行うことができます。

しかし、2種類以上の株式を発行している会社では、株主総会における定款変更の決議が必要です。

なお、株券の分割は株式の大きさはそのままで、1枚の株券に表章される株式の数を減らすもので、株式の分割とは異なります。

一方、株式の併合とは、株式分割とは反対に、株式の単位を大きくすることです。

株式の大きさは自由なので、会社は原則として株式を自由に併合することもできます。

しかし、例えば2株を1株に併合すると、株式の数は減り、株主の権利を害する可能性があります。

そのため、株主総会の特別決議が必要です。

株式の併合を行うための株主総会では、取締役が株主総会で株式の併合を行うことを必要とする理由を説明しなければなりません。

また、株式の併合を行う会社が株券発行会社である場合は、株券提出手続きを必要とします。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です