会社法の基礎の基礎

法人格をもつ会社は、生きている人同様、権利を有し、義務を負うことができるのです。

構造改革をリードする企業改革

構造改革をリードする企業改革

構造改革をリードする企業改革

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の構造改革が叫ばれて久しいですが、改革はほとんど進んでいないのが現実です。

しかし、企業改革に関しては比較的進んでいるといえるでしょう。

これは、マーケットや経済の動きが改革を求めている以上、この改革の流れを止めることはできないからです。

経済のグローバル化の影響を直接受ける経済界においては、改革を先送りにする余裕はありません。

そうした強い危機感が、会社法制定に結実し、電子化や企業情報開示の推進、各種の事業再編法制の整備、直接金融を積極的に活用できるような新株予約権、種類株式等の株式・社債制度、社外取締役を取り入れたアメリカ型の委員会設置会社など、従来の日本の会社にはなかった新しい制度が整備されました。

会社法においては、機関設計の柔軟化やコーポレート・ガバナンスの実効性を確保するための内部統制システムの構築義務などにより、数多くの新しい制度が生まれています。

新たに導入されたさまざまな制度が活用されれば、日本の企業社会に大きな変化をもたらすと考えられています。

しかし、これらの法制度を人々が活用しなければ、改革は進みません。

企業社会の改革の取り組みこそが日本の構造改革をリードしています。

そして、その会社法について、現在、再び見直しが進みつつあります。


«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です