会社法の基礎の基礎

法人格をもつ会社は、生きている人同様、権利を有し、義務を負うことができるのです。

社債のしくみ

社債のしくみ

社債のしくみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

社債とは、会社を債務者とする金銭債務です。

会社法に基づいて会社が行う割り当てによって発生し、所定のルールに従って償還されます。

また、これを細分化した形にすることもでき、細分化することで不特定多数の人から巨額で長期の資金を調達する手段となっています。

社債は、株式会社が取締役会の有無に関係なく発行することができます。

また、持分会社も発行することができます。

社債には、無担保社債と担保付社債、普通社債、そして、新株予約権付社債などに分類することができます。

一般的な社債について規制する会社法が一般法となり、担保付社債信託法が担保付社債に関する特別法として位置づけられています。

社債の償還期限は比較的長いので、多くの人との権利関係を管理する必要があります。

そのため社債を募集するためには、原則として社債管理者を定め、社債権者のために弁済の受領、債権の保全その他の社債の管理をすることを委託すべきことになっています。

社債管理者は、社債権者のために公平・誠実に社債を管理する必要があり、社債権者に対しての善管注意義務も負います。同じ種類の社債権者は利害を同じくします。

そこで、種類ごとに社債権者集会を構成して、団体的な取扱いを行うことが認められています。

そこで株主総会の場合と同様に、社債権者集会の決議事項等、社債に関して会社法や担保付社債法が定めて一定の重要な事項については、社債権者集会で決めることができます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です