会社法の基礎の基礎

法人格をもつ会社は、生きている人同様、権利を有し、義務を負うことができるのです。

会社法のしくみ

ビジネスを規制する法律

ビジネスを規制する法律

会社法とは、基本的に、平成17年に成立し、翌18年5月から施行された会社法を意味します。

ただし、広義では、「会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(整備法)」や会社法の法令省令、政令等も含みます。

また、金融商品取引法その他の関連する法令や、数多くの特別法等も含みます。 (さらに…)

会社への出資

会社への出資

会社に出資するための方法は3つあります。

金銭や現物で出資する「財貨」、会社のために保証人になる「信用」、勤務することや業務執行社員になることで出資する「労働」です。

このなかで、もっとも一般的な方法は、お金の出資です。 (さらに…)

法人とは

法人とは

権利をもったり、義務を負ったりできるのは、法人格があるものに限られます。

この法人格は、何かの目的をもって活動するために、きちんと手続きを取ることで取得することができます。

法人格を取得することを「法人の設立」といいます。 (さらに…)